忍者ブログ
【色々】
【拍手】 ←現在鋼鉄(2)
※返事は【言伝】にて
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
【同志・検索】
【絶賛応援中】
プロフィール
HN:
衰荏
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1985/05/20
職業:
アルバイト
趣味:
ゲーム全般
自己紹介:
腐女子歴●年の女です。
現在某アニメショップで働きつつ、リボーンやBLゲームに浸透中ww
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
http://staticel.blog.shinobi.jp/
日記・小説・感想などを自由気ままに書いていくブログです。 初めての方は、【概要】参照。 +現在、鋼鉄三国志メイン+
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



鋼鉄フリー企画 第①弾

周陸小説です。


続きからお楽しみくださいw












いきなりで驚いたんです。
だっていつものあなたならこんなことはしないから・・・


不器用な仕草



月が明るく庭を照らし、吹く風もとても爽やかな夜。
ある方に呼ばれ、私は静かになったこの庭を目的地に向かって歩いていた。
なぜ、こんな時間に呼ばれたのかというと、私の上司である周瑜様の自室に来いと
半ば命令のような口調で今朝、言われたからである。
正直に言えば、あまり行きたくはない。というか、あまり私は周瑜様が好きではないし、実は苦手だったりする。
我が師匠である諸葛孔明様とは仲良くなさそうだし、いつも怖い顔をして私を見てくる。
でも、命令のような口調で言われたら、逆らうわけにはいかない。
だって、私は彼の部下なのだから・・・


数分歩いたところで、彼の自室へと辿り着いた。
大きくて重そうな扉の中には、きっとあの怖い顔があるのだろうか?
そう思うと、気が重くなった。
だが、今更帰るわけにはいかず、軽く扉を叩く。
中から聞こえたのは“入れ”という短い言葉。
彼らしいといえば彼らしいのだが、やはり怖い。
意を決して、軽く会釈をしつつ中へと入っていった。

「失礼します。陸遜伯言、ただいま参りました」
「よく来たな、陸遜。そこに座ってくれ」

指を指された場所へと座り、部屋のあたりを見回す。
初めて入るその部屋に少し興味があり、何回も見回した。
その様子がかなり可笑しかったのか、ククッと笑われてしまった。

「な、なにが可笑しいのですか?」

笑われたことに少し腹が立ったので、軽く怒気を込めて問いただした。

「すまない。まるで子犬のようだと思ってな」
「なっ!?こ、子犬??」
「あぁ、そうだ。周りを見回していた姿が特にそっくりだ」

そう言って、さっきよりも大きな声で笑われた。
頭にきて自室へと帰ろうとしたが、用事がまだ済んでいないことに気づき、扉の前で背を向けながら
問いただした。

「用事はなんですか?周瑜様」
「用事?」
「用事があったから、こんな時間に私を呼んだのでしょう?」
「あぁ、そのことだが、もう戻ってもいいぞ」
「なっ!ただ、呼んだだけですか?」
「まぁ、そういうことになるがな・・・」

もう、本当に頭にきた。勢いよく扉を開けて部屋を出て行こうとした瞬間、手を引かれて彼の胸へと導かれる。

「な、なんですか?」
「陸遜・・・」


“おやすみ 良い夢を・・・”


そう言って頭を撫でてくる。師とは違う暖かな手。
優しい手つきで撫でられるものだから、怒っていることも、呼ばれたことも許しそうになる。
でも、自分の誇りが許せなくて、つい“離してください”と言ってしまった。
部屋を出てからも、あの手のぬくもりが忘れられなくて、庭の木に体を預けてうずくまった。



“あんなの反則だ・・・”


いつもとは違う彼の仕草に、やばいくらい心が躍る自分がそこにいたのであった。



+おまけ+


「まさかあれほど怒られるとは・・・」


書物を机の周りに散乱させつつ、周瑜は先ほどの陸遜との掛け合いを思い出していた。
本当に用事などなかった。
陸遜には申し訳ないと悟りつつも、周瑜はまた机に向かい仕事を始めたのだった。



本当はただ、君の顔が見たくて

無意識に呼んでしまったなんて

口が裂けても言えないが・・・







+あとがき+
補足と言う名のあとがきです。
判りづらい内容ですみません;あと、長くなってすみません←謝ってばっか(笑)
いつもとは違う仕草をされるってどうですか?
私は大好きです(断言!)
特に周瑜様は絶対こんなことしないと思うんですよ!!
でも、そこがいい!!!!
ということで、出来た小説であります。
違った仕草をされたことで、育っていく恋ww
やばw萌えるvvvv
そんな感じの小説にしたくて、雰囲気出したつもりですが、なってなかったらすまんとです・・・
もし、気に入ったかたいらしたら、お持ち帰りも可であります!
一言、言ってくださればOKなので、周陸好きな方もらってくださいです^^
かなりマイナーですが(笑)

PR
COMMENTS
お名前
URL
メールアドレス
パスワード
タイトル
コメント
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
"衰荏" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.